スポンサーリンク
こちらも注目

FXにおける適切なロットについて

FXにおける適切なロットについて

「適切なロット」について

中の人
中の人

今回は独り言みたいなもんです

最近、グループ内でも損切りの話が出たので最近思う適切なロットとは?
ってのをイメージしやすい話を初心者の方へ

損切りの基準も適正ロットも人それぞれ

初心者におススメしてるロットの割合は「10万残高に対して0.1ロット以下」(国内口座なら)
そして初心者のうちは残高が増えてもロットを変えない事です。

ロットを上げればより儲かる。
それは事実の現象なので欲が走ればつい上げてしまうでしょう。

例としてあなたの勝率が6割だったとする。
そして仮に損切りの基準が10〜20pipsだったとする。
(ポンドクロスなら最低30pips、ゴールドやダウは最低50pipsの損切りが許容できないなら手を出すべきではない)

もしかしたら最初に4回連続で負けるかもしれない。
4回連続で負けてもその残高に対して同じロットで平常心でトレードできますか?

イエスと答えれるなら、それはあなたにとって適正なロットです。
人間なので調子の悪い日もあります。
負の連鎖にハマる時もあります。

トレードスキルを上げて行く事は大前提ですが、成長するまでにお金を無くさない事、
続けていけることができなくてはお話になりません。

上達するためには普通は時間がかかります。
聖杯なんてものは存在しません!

ネットやSNSで大きなロットでリターンを得てる人達がいます。
その人を見てなんとなく頭の中で計算してしまいがちです。
「自分もこのロットでやればこのくらい儲かるんだ」と

あなたは自分がそこまで才能とセンスに溢れた人間だと思いますか?
身の丈に合わない事を求めればリターンは痛みとしてしか返ってきません。

側から見れば(残高に対して)大きすぎるロットなのに

「これが自分の適正ロット!」

と言って実力に見合ってないトレードをしてる人はだいたいその後溶かしています。
しかもたった数回の負けで溶かすのです。

中の人
中の人

皆さんはこうならない様にしましょう!

中の人
中の人

今回は少し重い話でしたが…ほなまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました